カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

しんのすけ

管理人:しんのすけ

月別アーカイブ
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
鱒料理
さて、ちょっと要望がありましたので、ここでは適当にできる虹鱒料理をご紹介。
こわくないですよ。

かなりアバウトです笑。

本物の料理レシピはベーヤン師匠におねがいします笑






しんのすけ流なんちゃって燻製

1)鱒類を釣ってくる!できれば20~30cmのがおいしくいただける。

2)なんちゃってソミュール液を作る。(魚10匹程度分)
<材料>
水道水:1リットル
  塩:200g
ハーブ類:適当(ローズマリーとミックスハーブ?)

水を沸騰させて塩入れて、塩が溶けたらハーブ入れて火を止めて冷ます。これだけ。

3)魚を捌く
うろこを丁寧に取る。
腹を割って内臓とえらを取る。
魚に塩を少々ふって揉んでぬめりをとる←これ重要。
腹の中の血合いをきれいに洗う。

4)ソミュール液に漬ける。
ジップロックに魚とソミュール液を入れて空気抜いて冷蔵庫に入れる。
大体1日くらい。
今回は夜22時くらいに漬けて翌日17時30分くらいまで漬けました。忘れてたともいう爆。

5)ボウルに魚をあけて流水を流して塩抜き。
今回は1時間くらいにしました。
塩加減を詳しくみたい人は、1匹を犠牲にして10分単位で切り刻んでコンロで焼いて食べて塩加減をみましょう。

6)干す
魚をキッチンペーパーなど使って水気を取る。
爪楊枝をちょっと折って長さを調整して腹が開いた状態になるようにかける。
タコ糸を魚の口の中に通してえらから出して後頭部にまわして再びえらから口の中に通して糸を結ぶ。
洗濯用のアレに付けて、1時間くらい乾燥させる。


7)燻製にする。
の、前に。

にんにくを切って、その切り口を魚にぬりぬりして燻製にするとにんにく風味になってよい。

まずブロックタイプのチップを圧縮させたやつで燻煙する。
2時間くらいいぶしたら、燻製器の中にアウトドアで使うようなガスランタンを入れて100円ショップで買ってきたステンレスの皿を載せて、そこに燻製用のチップを入れて熱を加えて燻煙。火は超弱火で。時々火加減を見ないとガスが消えていたり、火力が強くなったりする。これを1時間くらい。
で、色つきを見て判断。

あ、これは自己責任でやってね。ブロックタイプのだけでも十分燻製になります。ブロックタイプだと5時間くらいかな。


8)落ち着かせるためにもう一度干す。
070109_1808~0001.jpg

一晩夜風に当てて完成。

070109_1124~0001.jpg





未分類 | 【2007-01-09(Tue) 18:37:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

~ツワモノ達の行動(ブログ)~
ついったー
~気になる海の状況~
爆釣タイムは!?
リンク
メール
メールは angler.shinnosuke@gmail.com
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。