カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

しんのすけ

管理人:しんのすけ

月別アーカイブ
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
ホウボウジギングを考える。
先日の釣行でやったホウボウジギングについてちょっとまとめてみた。

底をねちねちとスローでねらって、周りがなにもつれていないときにBooさんと二人でホウボウをバンバン釣ってました。このときちょいと思ったことがあったのであっぷっぷしてみようかと。



使ったジグはこのカプリスです。
IMAG0275.jpg
写真のようにフロントへノーマルのダブルフックを付けて、テールにタコベイト付きのダブルフックをつけました。青物狙ってるときなどは特にテールのフックは必要ないですよね。
でもホウボウジギングの場合はテールフックは必需品です。フロントアシストフックのみでも釣れますが、テールフックがあったほうが確実に釣果は上がると思います。

その理由はホウボウの捕食方法にあると思われます。
(実際にこの目でホウボウがライブベイトを捕食するところを見たわけではないですが、ホウボウの口やその位置、生活環などを考えて妄想した結果ですw)



ホウボウさん
ホウボウ

これはまな板の上ですが、普段はおそらく砂地やゴロタの岩場などの海底に張り付き、エビ、かに、小魚を見つけて捕食しているんだと思います。
口が下向きについています。エイとかプレコとかみたいな感じです。おそらくターゲットを見つけると、覆いかぶさるようにターゲットに乗っかって捕食するんだと思います。

ジュディオングホウボウさんに登場してもらいました。
ホウボウののどもと
ジギングなどで釣れる場合この喉もとにフックがかかってること多くないですか?この前の釣行でほとんどが喉もとにかかってました。口の中にフックが入っていることはほとんどなかったです。
私が言う、ジギングでのホウボウのあたりが、青物と異なり「ドン!」じゃなくて「グン!」と表現しているのは、ジグを上から押さえつける感じで捕食するので口に入らなかったテールフックが喉もとにかかるのだと思います。



こんな感じでホウボウの捕食行動について考えて見ました。

これを踏まえて、ホウボウをジギングで狙って釣るにはどうしたらよいかです。

これもほとんどが手に伝わる感触を基にした妄想ですw
この図は着底後ワンピッチをしたときのカプリスの軌道を横からみたものです。
かぷりすのきどう

実際はちょっと違うかもしれませんがwなんてったって「気まぐれ」ですからw
このしゃくり方ですが、私がやっていた「スローで」というのは、1ピッチの間隔は1.5秒くらいかな?リールはリョウガBJで1回転なので73cm巻上げ、ロッドは60℃くらいから100℃くらい?(わかんね~wたぶんそんな感じ)にしゃくってジグを泳がせます。

まず①はロッドをしゃくった瞬間です。初速に乗ったときは45度以上上にむいてジグが動くと思います。このときが一番速度が速いと思われます。
で、②で減速します。そして③で水平になり、④でそのまま惰性でフォール体勢、⑤はそのままフォール。この④と⑤は逆に落ちることもありますね。ケツから落ちる。こっちのほうが主かな?

青物(イナダ)とホウボウのバイトポイントは異なります。
おおよそイナダは③の時にバイトすると思います。いわゆる「間」ですね。

ホウボウの場合は④ぐらいのタイミングでバイトするんです。これは「間の先」とでもいっときますか。

これはおそらくやつらの捕食行動を考えると、この時が一番ベイトを捕食しやすいためだと思います。
機敏に動いて相手の隙があればすぐにでも捕食できる青物と違い、ある程度は追っかけられるが、口が下向きなので、相手を押さえつけるようにしか捕食できないホウボウは、④のタイミングが一番捕食できるので相手をゆっくり見て捕食するのだと。

だいたい青物を狙うときは、じゃか巻きとかワンピッチでしゃくっても③までいったらしゃくるの繰り返しになってます。
これをもう少しほんの一瞬「間の先」を与えるシャクリをやってるとホウボウゲット!になるのだと。④までジグを飛ばして、またしゃくる。これを6回くらいやったら底の取り直し。この繰り返しですね。
ただ、この④までジグを惰性で飛ばせるジグとしゃくり方がちょいとコツがいるのです。
ジグは、こういうことがやりやすいカプリスみたいなやつがいいのだと思います。平べったいヤツ。ただ、単に平べったいやつでも④まで伸ばせるやつもあれば伸ばせないのもあります。しゃくり方のコツってのは③から④のラインテンションが重要。
ぐっとしゃくってそのままラインスラッグをだしてジグを飛ばせばいいってわけじゃないです。②の後半でややテンションをとって③の間を演出して④のときに少しテンションをとってその位置へ置くようなイメージです。で置いたらすぐに次のシャクリを開始するのです。

さあ、この訳解らない説明で何人理解していただけたでしょうかw

ま、これは私の感触から文章にしただけなのであしからずw



と、ここまでまとめたのはいいが、なんかの役に立つかな・・・
手っ取り早くホウボウつりたければ胴付き仕掛けに鯖短冊つけて落としましょうw
また、鯛カブラでもよくホウボウ釣れるし・・・。

ホウボウ専門で狙える船って全国探しても犬吠沖くらいかなw?

こんな感じで最近ブログのネタがないもんだから、昨夜久しぶりに夜一人ゆっくりパソコンに向かって作ってみたです。









未分類 | 【2010-02-10(Wed) 22:17:53】
Trackback:(0) | Comments:(10)
コメント

どーよさん
私もよく考えすぎの悪循環よくやりますw
でも狙ってストライク取ったときはむちゃくちゃたのしいですよね~
ホウボウ小さいのは食べるところ無いですが、大きいやつはうまいですよんw
つったあとグーグーうるさいですがw

2010-02-17 水 12:30:05 | URL | しんのすけ #MAABAltA [ 編集]

妄想壁がひどい俺向きな無い様ですww

何の釣りにしても無駄に考え込んで悪循環を繰り返しています・・・・

ホウボウは沢山居ますが専門で狙う人は居ないですね。
俺も釣れたらリリースしてますた・・・・
2010-02-16 火 12:35:23 | URL | どーよ #- [ 編集]

TSRさん
おひさしぶりです♪
ジギングでつれるときは口の周りが多いですよ。
やはりパイクフックのダブルフックが良いと思います。引っかかる確立高いしw片方かかってしまえばもう片方もかかりやすくなりばれることも少なくなります。
妄想したら実践しなきゃwどうっすか?こんどいきます?
2010-02-13 土 17:06:29 | URL | しんのすけ #MAABAltA [ 編集]

ホウボウはお口の外に掛かることが多いのは知りませんでした~!

ということは…
フックはワイドゲイブが適しているのでしょうか?

ん~ 妄想族の僕にはたまらんブログネタです(笑)
2010-02-13 土 13:17:24 | URL | TSR #- [ 編集]

Megaceryle lugubさん
どもどもこんちわ~
なんだか激しくコメントの表示わるいですね。重複コメ勝手ながらこちらで操作しました。

ホウボウさん
あのひれに付いた脚で海底をあるいてるんですよね~水族館やTVで見たことあります。
あんなスローライフな感じのやつらがびゅんびゅん動くメタルジグに食いつくんです。
いちど俊敏に動いて魚を捕食しているホウボウみたいです~。

2010-02-12 金 12:26:09 | URL | しんのすけ #MAABAltA [ 編集]

おいさん
次回沖にいったら妄想しながらやってみてくださいw楽しさ倍増w
AT車よりもMT車に乗る感じで楽しいでしょw
スピニングは勢い、ベイトは考えながら、こんな感じがします。
その時の精神状態で使い分けてストレス発散しましょ!
2010-02-12 金 10:38:01 | URL | しんのすけ #MAABAltA [ 編集]

しんのすけさんこんにちは。
実は昨年、泳いでいるホウボウを見付けました。場所は佐賀県の玄界灘に面した離島です。波止場から底をはって移動している魚を何気なく見ているとブルーの鮮やかな胸鰭を広げて停止しました。
まだ、釣った事はありません(笑)
2010-02-12 金 10:37:07 | URL | Megaceryle lugub #- [ 編集]

Booさん
追記ありがとうございます~
カプリスはまだあの日しかまじめにしゃくってないもんでw
また、①と②で見せる!ってのを付け加えてなかったです。

イナダについてはその通りwまだまだ見せて見せて食わせる!とかいろいろあるので手を抜きましたwイナダ編については、また暇があったら書いてみます。
ああヒラマサについても妄想できるだけのデータ(釣果)がほしい・・・
2010-02-12 金 10:26:19 | URL | しんのすけ #MAABAltA [ 編集]

おおおー

大変参考になります^^


私はまだジグがどうゆう風に跳ねているのかいまいち分かりませんが

自分が水面にいて海底のジグを操る訳ですから想像力妄想力?が重要ですよねー

だから面白いんでしょうね。ジギングは♪


ああ・・



沖行きてっす。
2010-02-12 金 10:12:49 | URL | おい #nmxoCd6A [ 編集]

解析お疲れ様です。


普通のジグで滑空?時間の長いやつ(たとえばセンターバランスやゼロワン)はそんな感じでしょうが、カプリスはたぶん、ジャークのあとの垂直→水平に移る時間が極端に短いと思いますよん。
4が圧倒的に長くてゆっくりだから、ホウボウがカプリス食うってのは私もそう思います。というかその辺の演出がスローの肝でしょうね。

イナダは3の時に食うというのはそのとおりでしょうが、実はフォールで見てるときは2で食うってのもけっこうありだと感じてます。


私がイナダダブルダブルで掛けたのは、たぶんアシスト&アシストラインが細軸だったのが理由かなと思ってます。
2010-02-12 金 09:58:43 | URL | Boo #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

~ツワモノ達の行動(ブログ)~
ついったー
~気になる海の状況~
爆釣タイムは!?
リンク
メール
メールは angler.shinnosuke@gmail.com
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。